6.7.2013 Fri
JICOO FRIDAY LIVE CRUISE - D-Fried Japan Tour

JICOO LIVE CRUISE 20:00-23:00 

 

 

jicoo_130607.jpg

 

6月1週目の金曜日は、スペイン バルセロナより

電子音の質感とアンビエントサウンドに、日常のノイズが重なり合う繊細なメロディースタイルが

スペイン国内外のメディアに取り上げられ高い評価を得ているDJ/プロデューサー

ジョルディ・サルデスによるユニット "D-Fried" が出演。

 

また日本からは、エレクトロニカ、ダブなど様々な要素を内包した音楽を展開し

坂本龍一氏の番組「RADIO SAKAMOTO」で楽曲が紹介され注目を集めたほか、メディアアート、ベリーダンスなど

様々なフィールドのアーティストとのコラボレーションも精力的に行っている "antennasia" が出演。

 

貴重な二組による共演を、海抜0メートルから眺める東京の夜景と

選りすぐりのお飲物ともにお楽しみいただけます。

 

 

■Date

2013年6月7日(金)

Jun 7, 2013 (Fri)

 

■Charge / Reservation

2,500yen

※フローティングパスは船から降りない限り乗り放題です。料金には乗船料とエンターテインメント料が含まれます。

※The Charge includes boat charge and entertainment charge.

 

■Bording time

日の出桟橋発着所  20:00 21:00 22:00 >>MAP

お台場海浜公園発着所  20:30 21:30 22:30 >>MAP

※どの時間からでもご乗船いただけます

※最終便は23:00に日の出桟橋帰港となります

Hinode Pier 20:00 21:00 22:00 >>MAP

Odaiba Seaside Pier 20:30 21:30 22:30 >>MAP

※23:00 is when the last cruise will arrive back to hinode pier.

 

■Artist

-LIVE-

D-Fried, antennasia

-MUSIC SELECTOR-

NUE (OPUESTO), Auto (TENT), WATARU SAKURABA (SAKURAGARDEN)

 

 

 

dfried_200.jpg

D-Fried

バルセロナを拠点とするDJ/プロデューサー、ジョルディ・サルデスによるユニット。  90年代中盤よりDwight Fried, Alien Kid, Sadako Experenceなど数多くの名義・ユニットで12インチをリリース。2003年よりロンドンに移り、D-Fried名義での活動を開始する。 すでにこの頃より、彼の特徴である電子音の質感と、難解なリズムによるアンビエントサウンドに、日常のノイズと重なり合う繊細なメロディーというスタイルは確立されつつあった。 2006年、再びバルセロナに戻り、スペインのarbol(ex.Piano Magic)のアルバム『You travelled my heart inside out』の6曲に参加し、欧州と日本のツアーに参加。 その中でsokif(Revirth)やantennasiaのremixを手がけ、Mizukage Recordsのコンピにも参加するなど、日本のアーティストとも交流を深める。 2009年、D-Fried名義による1stアルバム『Clouds Leave No Trace』をドイツのネットレーベルPhonocakeよりリリース。 同年のネットレーベルのベストアルバムの一つに選出される。 その後、同アルバムに収録されている"Clous In Motion" はドイツの名門レーベルMille Plateaux/Force intelのコンピ『IAM - Intelligent Ambient Music 01』に収録された(他にAmetsub, Sabi, Pleqなどが参加)。 そして、今年2013年バルセロナのレーベル、Discontinurecordsより2nd『The Lost Tomorrow』をリリース。 スペイン国内外のメディアに取り上げられ、"彼が存在している限り電子音楽の未来は明るい"と高い評価を受けている。

 

  

 

 

antennasia_200.jpg

antennasia | アンテネイジア

san(vo)とNerve(prog)により結成。 sanの変幻自在な声を軸に、エレクトロニカ、ダブなど様々な要素を内包した音楽を展開。 アルバム"Phased"(2002)がきっかけとなり欧州ツアーを行う。2005年、"Cinemice"発表、同年より坂本龍一氏の番組「RADIO SAKAMOTO」で楽曲が紹介され始め注目を集める。 アルバム"23 Bluebird Street, Velo-City"(2006)には同氏がコメントを寄せている。 2008年、Embee、Rob Smith、DJ3000など国内外の蒼々たるメンバーが参加したリミックス・アルバムを発表。 メディアアート、ベリーダンスなど、様々なフィールドのアーティストとのコラボレーションも精力的に行っている。 2010年、アルバム"Qus-cus"をリリース。 チャリティーアルバム「ARTIST ACTION」(2011)、「坂本龍一トリビュート」(2012)、「The Girl from Ipanema ~アントニオ・カルロス・ジョビン トリビュート~」(2012)などにも参加。 2012年、リミックスEP "Re:Qus-cus"を自主レーベルDobule Life Recordsよりリリース。 現在、新作アルバムを制作中。

 

  

 

 

■Attention

・出航時刻の20分前までに桟橋までお越しください。

・全席自由席となります。

・アルコールを販売しているため、ドライバーの方や20歳未満の方はご乗船できません。

・ドレスコードがございます。男性のサンダルやショートパンツでのご入店をご遠慮いただいております。

・Please come to the pier 20 minutes before your desired departure time.

・There are no reserved seats.

・Because we sell alcohol we do not allow people under the age of 20 to board and we do not allow drivers to drink.

・There is a dress code on the ship, we will not allow men in sandals or shorts to board.

 

 

jicoo_main03.jpg